【18分短縮】「スーパーおき1号」高速化へ JR西日本ダイヤ改正2022年3月

JR西日本は2022年3月のダイヤ改正で「スーパーおき」を最速で18分短縮するという衝撃の発表をしました。これにより乗り継ぎ先も含めると博多まで最速24分の短縮となり、凄まじい高速化が実施されます。

高速化される「スーパーおき1号」脅威の18分短縮は異例

スーパーおきとは新山口~米子・鳥取間を結ぶ特急列車で山口線・山陰本線経由で運転されている列車です。

今回高速化が実施されるのは「スーパーおき1号」です。特急列車としては速い部類の特急列車でしたが、今回のダイヤ改正で特急列車にも関わらず、18分も短縮されるのは異例のことです。

米子~浜田までのダイヤはほぼ現行通りですが、浜田~新山口間で18分短縮が実施されます。

次に現在のダイヤとダイヤ改正後の比較をまとめました。

スーパーおき1号 現行とダイヤ改正後比較

駅名現行ダイヤ(2022年3月11日まで)2022年3月ダイヤ改正後(2022年3月12日~)
米子6時01分発6時00分発
出雲市6時49分発6時49分発
浜田8時00分発8時00分発
益田8時49分発8時40分着
【在来線/新幹線】新山口10時39分着/10時48分着(みずほ605号)10時21分着/10時34分発(のぞみ3号)
【新幹線】小倉11時06分着10時52分着
【新幹線】博多11時23分着11時09分着

新山口駅まで18分短縮・博多まで24分短縮となります。

おすすめの記事