【蔵前乗り換えは遠い!】都営浅草線から都営大江戸線までの乗り換えをしてみた!

今回は都営地下鉄大江戸線・都営浅草線の乗り換え駅である「蔵前駅」を実際に徒歩で乗り換えてみました。乗り換えをする途中の様子も紹介しています。

蔵前駅乗り換え方法 地上にいったん出て乗り換えなので注意

蔵前駅 改札A2

こちらは東京都交通局、都営浅草線蔵前駅です。今回はA2出口から都営大江戸線蔵前駅を目指します。

蔵前駅は乗り換えが遠く、一旦地上に出てから乗り換えルートとなっているので注意が必要です。人によっては「不便」と感じられるかもしれませんね。

都営浅草線→都営大江戸線 出入り口まとめ
  • 都営浅草線【日本橋・京急線方面】→A2出口 進行方向後方
  • 都営浅草線【押上・青砥方面】→A4またはA0出口 進行方向前方 A0出口にはエレベータがあります。

※車両の端に出口があるため、逆側で降りると約500mほどの距離を歩くことになってしまいますので、注意が必要です。

浅草線蔵前駅A2改札を出たら右側へ

都営浅草線 A2出口

蔵前駅A2改札を出てエスカレーターで地上に上がります。すると出口が見えてくるので出口まで来たら、右方向に行きます。出口を出ると「都営大江戸線 蔵前駅 270m」という案内も書かれているので、案内に沿って歩いていきましょう。

国道6号線(江戸通り)を言問橋・柏方面に向けて歩く

国道6号線 江戸通り 蔵前駅地上乗り換え

蔵前駅の出口を右側へ行くと、標識に「国道6号線 言問橋・柏方面」の案内が書かれていることが分かります。A2・A0出口から大江戸線に乗り換える際にはこれに沿って乗り換えをしましょう。

厩橋交差点を左に曲がる 春日通りを歩く

厩橋交差点

厩橋交差点に到着しました。この交差点を左方向へ曲がります。奥の標識を見ると「都営大江戸線 蔵前駅 60m」という案内も書かれています。

案内に沿って歩きましょう。

横断歩道を渡るとみずほ銀行 大江戸線入口はその奥にある

厩橋交差点 みずほ銀行

横断歩道を渡ると「みずほ銀行」があります。大江戸線蔵前駅はその奥にあります。

都営大江戸線 蔵前駅

都営大江戸線蔵前駅に到着しました。これで乗り換えは終了となります。

都営大江戸線蔵前駅 出入り口まとめ
  • 都営大江戸線蔵前駅 【両国方面】→A6出口
  • 都営大江戸線蔵前駅 【飯田橋・新御徒町方面】→A6出口
  • ※ホーム中央にエレベーター、前方と後方にエスカレーター・階段があります。

蔵前の乗り換えは遠い?時間は? 乗り換え制限時間は?

実際に歩いてみた感想ですが結論、蔵前の乗り換えは遠いと感じました。

理由として地下から地上に上がるまで時間がかかり、地上での乗り換えも信号待ちなどもあり、遠く感じました。※地上乗り換えの区間は260mほどですが、地下で歩いた部分も含めると約500mほどになります。

時間は信号に引っ掛かってしまったので約8分かかりました。スーツケース等重い荷物がある方は10分~15分見た方がいいでしょう。

都営浅草線と都営大江戸線蔵前駅の乗り換えの制限時間は【60分以内】となっています。30分を超えると下車扱いとなり初乗り運賃がかかってしまいます。また、乗り換えの際には「オレンジ色の改札口」を利用する必要があります。

まとめ

ここまでの蔵前駅乗り換えの内容をまとめると

  • 蔵前駅は都営大江戸線・都営浅草線の乗換駅
  • 乗り換えは地上乗り換えになる 乗り換え可能時間は30分以内
  • 都営浅草線からの出口はホーム端にある
  • 地上乗り換えの時間は約8分

おすすめの記事