高崎線快速とは?普通との違い・停車駅・所要時間は?

高崎線を走る快速列車にはどんな種類があるのか、普通列車との違いは何なのか、停車駅・所要時間についてまとめています。

普通列車の停車駅

高崎線で最も多く運転されているのが普通列車です。高崎線内各駅に停車します。

また、高崎線は東京~大宮間は宇都宮線も運転されているほか、東海道線内に直通する列車(小田原行き等)も運転されています。また、一部列車は上越線・両毛線直通の列車が運転されています。

普通列車には上野東京ライン・湘南新宿ラインの系統の列車があります。

一つだけ注意したい点は湘南新宿ライン経由はさいたま新都心には停車しないことです。

さいたま新都心駅はさいたまスーパーアリーナの最寄り駅ですが、一般人の方でここで誤乗しまう人もいるようです。

快速アーバン・快速の停車駅

快速アーバンはおおむね30分間隔で運転されている快速列車です。2021年3月13日のダイヤ改正から通勤快速が廃止され、快速アーバンに統一されました。

停車駅は東京・上野・赤羽・浦和・大宮・上尾・桶川・鴻巣・熊谷・籠原・深谷・岡部・本庄・神保原・新町・倉賀野・高崎です。

快速アーバンは上野東京ライン系統、快速は湘南新宿ライン系統です。

特別快速の停車駅

高崎線には特別快速が運転されています。運転時間帯は平日9時~15時までのデータイムに運転され、運転間隔は1時間に1本です。

赤羽・浦和・大宮・上尾・桶川・鴻巣・熊谷・籠原・深谷・岡部・本庄・神保原・新町・倉賀野・高崎です。特別快速は高崎線内の停車駅は快速と同じですが、湘南新宿ライン内で通過駅があります。湘南新宿ラインの特別快速についてはこちらをご覧ください。

普通・快速・快速アーバン・特別快速の所要時間

【東京~高崎間】普通・・・約2時間10分

【東京~高崎間】快速アーバン・・・約1時間50分

【新宿~高崎間】快速・・・約1時間52分

【新宿~高崎間】特別快速・・・約1時間42分

※列車ごとに若干異なります。

まとめ

ここまでの内容をまとめると、

  • 高崎線には4種類の種別が運転されている(普通・快速・快速アーバン・特別快速)
  • 普通でもさいたま新都心を通過するのは湘南新宿ラインの電車
  • 東京・新宿~高崎まで所要時間は約2時間程度

おすすめの記事