一宮ナンバーは何県?どこ?いつから?陸運局は?

ご当地ナンバーである「一宮ナンバー」。

今回は一宮ナンバーは何県なのか、どこの管轄なのか?いつから開始されたのかについてまとめています。

一宮ナンバーとは?何県?

一宮ナンバー

一宮ナンバーとは「いちのみや」と読み、愛知県のナンバーです。

管轄となる範囲は一宮市のみとなっています。

一宮ナンバーは聞きなれてないという方もいらっしゃるかもしれません。

いつから一宮ナンバー?車が古いと違う?

一宮に住んでいる方の中には、自分の家の車が「一宮ナンバーではない」という方も中にはいるのではないでしょうか?

実は一宮市は2006年以前は尾張小牧ナンバーとなっていました。

数は少ないと思いますが、古い車に乗っている方の中には一宮市に住んでいるのにもかかわらず、「尾張小牧ナンバー」となっている方もいるかもしれませんね。

尾張小牧ナンバーから離脱したナンバーは他に春日井ナンバーがあります。

尾張小牧ナンバーが「小牧ナンバー」が幻になったのは一宮市のせい

そもそも、尾張小牧ナンバーは「小牧ナンバー」となる予定でしたが、一宮市が「ダサい」という理由で揉めた経緯があります。結果として、愛知県知事が「尾張小牧」とする妥協案を提示したということがありました。

実はこの名残でナンバーの変更や登録には小牧市が関係することになります。

「尾張小牧ナンバー」の名残が陸運局

しかしながら、ナンバーの登録や変更を行う陸運局は一宮市にありません。

そのため、現在でも「尾張小牧ナンバー」の名残として、小牧市にある陸運局に行って登録を行わなければいけないという事情も存在します。

一宮ナンバーについてはご理解いただけましたでしょうか?お役に立てたら幸いです。

まとめ

一宮ナンバーについてのまとめです。

  • 一宮ナンバーは一宮市を管轄するご当地ナンバー
  • 元々一宮市は尾張小牧ナンバーの管轄だった
  • その名残で、小牧市の陸運局に行かなくてはならない

おすすめの記事