尾張小牧ナンバーはどこ?何県?読み方は?

今回は車のご当地ナンバーである「尾張小牧」はどこなのか、何県にあるのか、読み方はどう読むのかについて解説していきたいと思います。

尾張小牧とは?読み方は?4文字ナンバー

尾張小牧ナンバー
尾張小牧ナンバーイメージ

読み方は「尾張小牧」で「おわりこまき」と読みます。愛知県のナンバーとなっています。

”小牧”を使うナンバーには北海道の苫小牧(とまこまい)がありますが、まったく別の地域のナンバーとなっています。

北海道の人が尾張小牧ナンバーをみたら苫小牧と勘違いする方もいるようです。

尾張小牧市は実在する?どこ?

愛知県の尾張地方と小牧市を合わせて「尾張小牧」となっています。ちなみに尾張小牧市は実在しません。

どこ?と聞かれたら、愛知県の北の方ということに答えるのが無難かもしれません。

尾張小牧ナンバーの管轄地域は?

尾張小牧ナンバーの管轄地域は1979年に登録台数が急増していた名古屋ナンバーに代わる形で、尾張地域北部が尾張小牧ナンバーの範囲となっています。

対象となっている地域は次の通りです。

  • 瀬戸市(せとし)
  • 犬山市(いぬやまし)
  • 江南市(こうなんし)
  • 稲沢市(いなざわし)
  • 尾張旭市(おわりあさひし)
  • 清須市(きよすし)
  • 北名古屋市(きたなごやし)
  • 豊山町(とよやまちょう)
  • 扶桑町(ふそうちょう)
  • 大口町(おおぐちちょう)

かつて2006年まで一宮市、2014年まで春日井市も含まれていましたが、現在は「一宮ナンバー」「春日井ナンバー」に独立しています。

尾張小牧ナンバー誕生の経緯は?

尾張小牧ナンバーは長らく全国でも珍しい4文字ナンバーとなっていました。(現在は伊勢志摩ナンバーが登場しています。)

とにかく長いのが特徴で、一体なぜこんな長いナンバーになってしまったのでしょうか?

その理由は、先ほど説明した通り1979年に新設されたナンバーですが、当初は「小牧ナンバー」とする予定でした。

これは陸運局が小牧市にあったためにこの名前が付けられました。

しかし、これに反発したのは一宮市です。理由は「田舎臭くて付けられない」という事情。

これは国会でも取り上げられるほどの大論争に。

しかし、愛知県知事が妥協案として「尾張小牧」としたことで、問題が集結したという形です。

尾張小牧ナンバーについてご理解いただけましたでしょうか?お役に立てたら幸いです。

まとめ

尾張小牧ナンバーについてまとめると

  • 尾張小牧ナンバーは1979年に誕生
  • 当初は小牧ナンバーの予定だった
  • しかし、一宮市が反発し尾張小牧ナンバーに
  • 長い間尾張小牧ナンバーが4文字のナンバーとしては唯一だった
  • 現在は伊勢志摩ナンバーも誕生している

おすすめの記事